妊娠中や出産後の便秘

妊娠中と出産後の便秘解消法


妊娠中や出産後というのは、女性のライフサイクルの中で便秘になりやすいタイミングです。それはホルモンバランスの変化や生活環境の変化、ストレスなどに起因しますが、放っておけば健康を害するおそれもあります。


妊娠中に痔になってしまうというのはよく聞く話ですし、出産後の硬い便に悩んでいるママさんの声も聞きます。ここでは、それらの原因と解消法を紹介します。


生理前や妊娠中に便秘になる理由


妊娠中だけでなく、生理前にも便秘になりやすい、硬い便に悩まされることが多いという女性は少なくないと思います。


その原因は、生理前に分泌が多くなる黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用にあります。正確には黄体ホルモンの受容体(タンパク質の一種)に、腸のぜんどう運動を抑えるはたらきがあるため、排泄がスムーズにおこなわれなくなるのです。


よりひどいのは、妊娠したときです。生理前の便秘は一時的なものであり、妊娠しなかったときには黄体ホルモンの分泌は少なくなるので、生理がはじまると便秘は自然に解消することが多いです。


しかし妊娠したあとは、子宮内膜を厚くするための黄体ホルモンの分泌は止まらないので、ずっと腸のぜんどう運動が弱い状態が続いてしまいます。そのため、あまり便秘とは無縁だったという人も妊婦になると便秘になりやすくなるのです。


また、つわりによる便の材料の不足や水分不足も、硬い便をつくり便秘につながる原因になります。


妊婦さんは、流早産のキケンがある浣腸や下剤などの便秘薬は、基本的にはつかえません。医師の処方によって、オリゴ糖や酸化マグネシウムを服用するのが一般的だと思います。


母親も胎児も健康でいられるように、オリゴ糖で自然なお通じを目指すのが良いでしょう。マグネシウム製剤も、ウンチをやわらかくする作用があるのでオススメです。妊娠中は、きちんと便秘のことを産婦人科医に相談しましょうね。


出産後の便秘対策


出産後の便秘や硬い便の原因は、妊娠中とはすこし違います。おもに【授乳による水分不足】【生活環境の変化によるストレス】【運動不足】などが原因です。


ミルクの授乳を多めにしないかぎりは、母乳育児が基本になります。母乳は血液をもとにしてつくられますが、その 80%から 90%は水分とされています。そのため、水分をきちんと補わないと母体の水分が不足してしまうこともあります。


硬い便になる要因のひとつは水分不足なので、小まめな水分補給が必要というわけです。


また、出産後はママさんのカラダも変わりますが、生活環境もガラッと変わります。育児というのは非常に大変な大仕事なので、ストレスが大きくかかります。


夜泣きをする子どもの面倒をみることで寝不足になりがちですが、自分の体調管理をしながら子どもの様子をきちんと見て育てていかなくてはいけません。それには大きなストレスがかかります。


ストレスは自律神経を乱して、それが腸のぜんどう運動を弱くする原因になります。ひとりで抱え込まない、できないことは夫に任せる、まわりの協力をあおぐなどすることが必要だと思います。


そして運動不足も便秘の原因のひとつです。抱っこをしたり家事をしたりするので自覚はないかもしれませんが、出産後というのは実は運動不足になりやすい時期です。


抱っこは体制を維持して、たまにあやしたりするという感じだと思いますが、それは便秘解消につながるような運動ではありません。


上半身をひねったり、ウォーキングなどの有酸素運動で血流を良くしたりすることが有効なのであって、抱っこだけでは足りないのです。


出産後の忙しい時期に運動をするというのはあまり現実的ではありませんが、やはり任せられることは夫に任せるなどして、自分の時間をつくり、便秘対策をしていくことも大事だと思います。