硬い便になる原因

なぜ硬い便になってしまうの?


便秘や硬い便に悩んでいる人は多いと思います。一時的なものなら良いかもしれませんが、長引いているなら要注意。腸内環境が悪化して、体臭や肌荒れの原因になることもあります。


ストレスから腸内環境がより悪くなって、硬い便が常態化してしまうという可能性もあります。なるべく早めに原因を突きとめて、適切に対処していきましょう。


硬い便になる原因は便秘?


硬い便になってしまう原因としてもっとも多いと考えられるのが【便秘】です。


硬い便というのは、水分が失われて硬くなってしまっているのですが、それは腸内にウンチが長くとどまっているため。腸内にウンチが停滞してなかなか出ないというのは、つまり便秘ですよね。


というわけで便秘を解消することで、硬い便を出すことができるし、そもそも硬い便がつくられないようになります。なので、硬い便をやわらかくするための基本方針は便秘解消をめざすこと、ということになります。


便秘以外の理由としては、食物繊維の摂り過ぎというものもあります。


食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維があります。それぞれ少し役割がちがい、どちらも便秘解消に効果的なのですが、問題はそのバランスです。


不溶性食物繊維はウンチの量を増やして、腸のぜんどう運動をうながして排泄しやすくするのですが、水に溶けないため滑りは悪くなります。そのため摂る量が多いと、便が大きく硬くなり、排泄しにくくなることがあるのです。


便秘解消に良いと聞いてせっせと食物繊維を摂った結果、より硬い便になってしまったという場合、不溶性のほうを多く摂ってしまった可能性があります。


その場合は、逆に不溶性食物繊維の摂取量を減らす必要がありますが、どれくらい減らしたら良いのかという判断はむずかしいところ。硬い便の解消は、意外にめんどうなのです。


硬い便になりやすい生活習慣と環境


便秘になると硬い便ができてしまいますが、では便が硬くならないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。


まずは便秘にならないように気をつけること。そして上記で説明したように、不溶性食物繊維を取り過ぎないこと。さらに、生活習慣に気をつけることも大事です。


食事や睡眠が不規則になっていたり、食事内容が偏っていたり、運動をほとんどしなかったりという食生活や生活習慣は、便秘の原因になります。腸内環境も乱れるので、良いことはありません。


大腸には多くの腸内細菌がすんでおり、そのなかで善玉菌と悪玉菌が勢力争いをしています。悪玉菌が増えると腸内環境が乱れて、ウンチが硬くなったり便秘になったりしてしまいます。


生活習慣を整えることが、硬い便をつくらないためにとても大切なことなのです。


もうひとつ、ストレスも関係しています。強いストレスや継続的なストレスは、腸内環境を乱したり、便秘や下痢を引き起こしたりします。


ストレス解消のために好きなことを楽しんだり、リラックスする時間をつくったりすることも、便秘や硬い便の解消法として有効です。自律神経のバランスを整えて、腸がよく動くようにしていきましょう。


オリゴ糖で硬い便を改善する


硬い便をやわらかくするには、オリゴ糖がオススメです。


オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす、便の水分を保ってやわらかくするという作用を期待できる、天然由来の食品成分。つまり、硬くなったウンチを改善して、便秘解消へと導いてくれる可能性があるのです。


しかし、オリゴ糖は食品から摂れる量はごくわずか。また、市販品には添加物が多く含まれており、純度30%程度のものしかありません。


そこでオススメなのが「カイテキオリゴ」です。通販限定の商品で、その純度はなんと、ほぼ100%!余計なものが入っていないので、妊婦さんや赤ちゃんでも安心して摂取できるのが魅力です。


水分の少ない硬い便に悩んでいるという場合は、ぜひ一度、カイテキオリゴを試してみてください。


カイテキオリゴの公式サイトはこちら