腸内環境を改善する方法

腸内環境を改善して便秘を解消しよう


腸内環境と便秘は密接にかかわっています。腸内環境が悪くなると、良い腸内細菌のはたらきが弱くなり、腸のぜんどう運動が弱くなったり、便やおならの臭いがくさくなったり、肌荒れが起きたりする可能性があります。


便秘になるとウンチが腸内に停滞する時間が長引き、それによって硬い便ができあがってしまいます。腸内環境を整えることは、硬い便をやわらかくすることにつながるのです。


ここでは、腸内環境を整えるための方法、腸内細菌とは何なのかということを説明します。


便秘解消のために腸内環境を整える


上記で説明したように、腸内環境を整えることは、便秘の予防や解消、硬い便をやわらかくするのに効果的です。


腸内環境が悪くなると、消化・吸収の効率が悪くなったり、腸のぜんどう運動が鈍くなったり、腸内に毒素や有害物質が増えたりします。その結果、便秘を起こしてしまい、さらに有害物質が増えて腸内環境が悪化するということになります。


ストレスは腸内環境を悪化させる要因のひとつですが、逆に腸内環境が悪くなるとストレスを強く感じるということもあり得ます。ココロとカラダを整えるためにも、腸内環境の改善は大事なのです。


腸内細菌とは


腸内環境の改善においてカギをにぎるのが【腸内細菌】です。


腸内細菌とは腸内にすんでいる最近のことで、ひとりの人間の腸内に約100兆個もいるといわれています。100兆個というのは、人間の細胞60兆個をはるかに上回る数字ですが、小さく質量も軽いため、それ自体は健康問題にはつながりません。


腸内細菌は種類も非常に多く、その数は300種類とも1,000種類ともいわれていますが、人によってその構成はさまざま。そのため、同じような方法をとっても、腸内環境が良くなる人もいれば変わらない人もいるのです。


善玉菌を増やして悪玉菌を減らす


腸内細菌はおもに 3つのグループにわかれます。カラダに有益なはたらきをする【善玉菌】、有害なはたらきをする【悪玉菌】、そしてふだんは有害ではないけど、悪玉菌が増えるとそれに加勢する【日和見菌】です。


腸内環境を整えるということは、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすということです。


食べ物や生活習慣の改善などで、ビフィズス菌やアシドフィルス菌、カゼイ菌などの善玉菌を増やして、クロストリジウムなどの悪玉菌を減らすことが、便秘解消や硬い便の改善につながっていくのです。