硬い便による出血

排便後に出血があるのはなぜ?


硬い便をやっと出せたのもつかの間、お尻がヒリヒリ痛む、出血している、ウンチに血が混ざっているという場合があると思います。


硬い便を出したのだからあたり前、と思わずに、きちんと対処することが大切です。もしかしたら【痔】になっているかもしれません。


排便後の出血の原因


なかなか出ない硬い便を強引に出したとき、肛門がヒリヒリ痛むことがあると思います。ときには痛むだけではなく、排便後に出血がある場合もあると思います。


その出血の原因は、おもに【裂肛】(切れ痔)や【痔核】(いぼ痔)です。いぼ痔は肛門のまわりが、うっ血することで起こるものなので、硬い便の排出後に血が出た場合は、基本的には切れ痔のほうだと考えて良いと思います。


妊娠中や産後など、いままで便秘ではなかった人が急に便秘になったり、もともと便秘体質だった人がより重い便秘になったりしたときに、このような痔にかかってしまうこともあります。


硬い便が出ないだけでもツライのに、痛みや出血もともなうというのはまさに踏んだり蹴ったりですよね。


切れ痔の予防策としては、やはり強くいきまないことが大事です。気張り過ぎると疲れますし、硬い便をむりやり出すことで、そのときは痔にならなくても、肛門にダメージが蓄積されてしまいます。


そのため、ふだんから強くいきむのはなるべく避けて、食べ物や生活習慣の改善で硬い便を予防することが大切です。


また、便剤に長く座っていることも、痔の原因になります。お尻が圧迫されてうっ血しますし、硬い便を出そうとしているあいだ肛門に圧力がかかった状態が続くので、気をつけたいところ。


便秘や硬い便に悩んでいる場合も、出ないときは早めに諦めて、あまり長い格闘はせずにトイレを出ることも大事だと思います。


痔になったらひとまず病院へ


といっても、すでに出血があったり切れ痔になってしまったりしているという場合は、力まないように、食べ物にや生活習慣に気をつけるように、といわれてもどうしようもないですよね。


もし痔になってしまった場合は、早めに病院に行くことをオススメします。


症状が軽いうちは市販の薬を塗って対処するというのでも良いかもしれませんが、慢性的な便秘に悩んでいるという場合や、硬い便がずっと続いているという場合は、痔が長引いたり悪化したりする可能性があります。


なにより、痔は痛いものなので、トイレに行くのがイヤになって余計に便秘や硬い便を悪化させてしまう可能性もあります。そうなると改善するのに相当な時間がかかってしまいます。


痔になったら、早めに医者に診てもらう。それがいちばんの対策だと思います。


オリゴ糖で硬い便を改善する


硬い便をやわらかくするには、オリゴ糖がオススメです。


オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす、便の水分を保ってやわらかくするという作用を期待できる、天然由来の食品成分。つまり、硬くなったウンチを改善して、便秘解消へと導いてくれる可能性があるのです。


しかし、オリゴ糖は食品から摂れる量はごくわずか。また、市販品には添加物が多く含まれており、純度30%程度のものしかありません。


そこでオススメなのが「カイテキオリゴ」です。通販限定の商品で、その純度はなんと、ほぼ100%!余計なものが入っていないので、妊婦さんや赤ちゃんでも安心して摂取できるのが魅力です。


水分の少ない硬い便に悩んでいるという場合は、ぜひ一度、カイテキオリゴを試してみてください。


カイテキオリゴの公式サイトはこちら