善玉菌と悪玉菌

善玉菌と悪玉菌のはたらき


便秘や硬い便の解消には、腸内環境を整えることが大事。では、実際に善玉菌を増やして悪玉菌を減らして腸内環境を整えるには、どうすれば良いのでしょうか。


それにちて答える前に、まずは腸内細菌のはたらきを知っておきましょう。善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌のはたらきを知ることで、具体的にどうすれば良いかを知ったときに腸内環境改善のイメージがつかみやすくなります。


というわけで、ここでは善玉菌・悪玉菌・日和見菌のそれぞれのはたらきを説明します。


善玉菌のはたらき


善玉菌にはビフィズス菌、アシドフィルス菌、ガセリ菌、カゼイ菌、フェカリス菌などのさまざまな種類があります。これらをひとまとめにして【乳酸菌】と呼ぶのが一般的です。


善玉菌は、腸内細菌の約 20%程度の割合で存在するとされており、カラダに良いはたらきをします。


具体的には食べ物の消化・吸収を手伝ったり、糖を分解して有機酸をつくり腸のぜんどう運動を促進したり、悪玉菌の増殖を抑えたり、免疫細胞を刺激することで抵抗力を高めたりします。


  • 食べ物の消化・吸収を助ける
  • 腸のぜんどう運動をうながす
  • 悪玉菌を抑えて腸内フローラを整える
  • 免疫力を上げる

これらのはたらきは人間にとって有益なものですよね。善玉菌を増やすことが腸内環境の改善につながるということが、よくわかると思います。


ちなみに腸内フローラというのは、日本語でいうと腸内細菌叢となります。善玉菌や悪玉菌、そして日和見菌にはそれぞれの縄張りのようなものがあり、顕微鏡で見たときにキレイなお花畑のような集まりが確認できるそうです。


腸内細菌の集まりである腸内フローラを改善することが、硬い便をやわらかくするのにつながりますので、善玉菌を増やして悪玉菌を抑える作用を強めることが大事なのですね。


悪玉菌のはたらき


悪玉菌にはクロストリジウム属のウェルシュ菌や大腸菌などがあります。これらは毒素や有害物質をつくり、人体に悪影響をおよぼします。


具体的には、肉類の食べ過ぎなどの理由で胃や小腸での消化が不十分になってしまったタンパク質を分解して、腐敗させます。それによって毒素や有害物質が発生します。


悪玉菌によってつくられたアンモニア、硫化水素、アミン、インドール、スカトール、フェノールなどの有害物質が、便やおならの臭いをくさくしたり、便秘や下痢、肌荒れを引き起こす原因になったりするのです。


悪玉菌は健康な人の腸内では、腸内細菌全体の 10%程度が存在するといわれていますが、ストレスや加齢などによってその割合は増えていきます。そのため、若者よりも高齢者のほうが、腸内環境に気をつける必要があります。


日和見菌のはたらき


日和見菌にはバクテロイデスなどがいます。日和見菌は腸内フローラの最大勢力で、約70%をしめるとされています。


ふだんは特に有害なはたらきはせず、むしろ赤ちゃんの腸内で免疫系を刺激して発達させる役割があることがわかっています。しかし、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、悪玉菌と一緒にカラダに有害なはたらきをするようになります。


大腸がんの原因にかかわっているのではないかという説もあり、腸内フローラを善玉菌優位にしておくことがとても大事だということがわかりますね。